2012_0318_114846-IMG_1527
中へ進んでいくと、こんな風に、ものすごい急階段になっています。

2012_0318_115138-IMG_15292012_0318_115325-IMG_1531
そして、お寺で墓参りをしている人の横を通りつつ…
2012_0318_115407-IMG_1532
山を登る階段を登り始めます。
この山は医王山と言って、展望台まで登れば鞆の浦のきれいな風景が見られます。

2012_0318_115701-IMG_15332012_0318_115706-IMG_1534
事前に階段は479段(だったっけ?)という情報を得ており、石段に刻印されている数字はダンスうかとも思っていたのですが、どうも数字の並びがおかしく…

2012_0318_120029-IMG_1536
479段を超えてもなお階段は続いているのです。

2012_0318_120215-IMG_15372012_0318_120240-IMG_1538
ようやく展望台までたどり着いたと思ったら、「583」という数字。
最初は標高かとも思ったのですが、高良大社のある場所が350mもないことを考えると、583mというのはとんでもない高さですから…
結局何だったのでしょうか。

2012_0318_120302-IMG_1539
お堂があります。

2012_0318_120354-IMG_15412012_0318_120414-IMG_1542
鞆の浦を俯瞰した景色はこんな感じです。
中央に見えているのは仙酔島といって、鞆港から観光向けに仙酔島までの船も出ているようなのですが、今回は時間があまりないのでやめました。

2012_0318_121943-IMG_15482012_0318_121847-IMG_1547
5分ほどいた後で下に降り、今度は先ほど入ったところとは違うところから出ていきます。

2012_0318_122217-IMG_1550
このあたりは、お寺が連続しています。

2012_0318_122540-IMG_15542012_0318_122551-IMG_1555
名所の一つだという、「ささやき橋」。
地元の人は慣れたもので、ここを走る際は一瞬だけスピードを落として通過していました。車で走る分には邪魔なのかもしれませんが…。

2012_0318_122609-IMG_1556
朝鮮半島からの通信使の接待をする役人が、舞妓さんと愛をささやきあったが、それを密告され、しまいには海に沈められたという話です。
山中鹿之助首塚というのは、ささやき橋の手前の角にあるお墓のような格好をしたものです。

2012_0318_122841-IMG_1560
続いて行ったのは沼名前(ぬなくま)神社。