2011_0206_122541-IMG_4538
朧(おぼろ)大橋。上陽町にあるものすごく立派な橋です。
写真の右側が久留米市街地方面なのですが、左はというと、実際どこにもつながっていないんですね。
写真の左方向に行き、脇道にそれると尾久保という少し大きな集落があるくらいで、そこから先は工事中のままとなっており、橋の必要性があるようにはあまり感じられません。
そもそもこの橋は、2002年に八女郡部と久留米市街地のアクセス向上のために作られたものでした。ただ、久留米市側があまり乗り気ではないのか、ここから久留米方面にもう一つ谷を超えて、高良内町の山奥にある杉谷集落の手前までくると、突然道が悪くなってしまいます。

「朧」というのはここらへんの地名で、谷間に霧がかかってぼんやりとした風に見えることからそんな名前が付いているのだろう、と予想できます。実際に写真でも橋が霞んでいるのが見えますね。
まあ、今となっては名前が橋そのものを表しているようになっちゃってますが。もしかしたら、下上名にあったあの新道とつなげるつもりなのでしょうか?