今日1月25日でこのブログはついに一周年を迎えました。
時々自分勝手にも更新をお休みさせていただいた時もありましたが、こうやって途絶えることなく更新できたのも皆さんからのコメントやリンク先のブロガーさん達のおかげです。
久留米地区という狭い範囲でやっていますので、正直いつまで続けられるか怪しいところですが、これからもいろいろな情報を発信していけたらと思います。

2011_0123_111722-IMG_4294
久留米市青峰三丁目の「青峰団地角(かど)」。青峰団地の一つ手前のバス停です。
一見するとよくわからない名前ですが、地図で見ると団地はここらへんで角のようになっています。ここらへんの中では一番規模の大きな(?)「角」ではないでしょうかw

2011_0123_111750-IMG_42962011_0123_111741-IMG_4295
風景は至ってのどかで、左が青峰団地方面、右が西鉄久留米方面です。

2011_0123_112007-IMG_42992011_0123_111918-IMG_4298
周囲はこんな感じ。
特段目立ったものはなく、団地と道路がひたすら続くのみです。

2011_0123_112025-IMG_43002011_0123_112111-IMG_4301
で、バス停から少し青峰団地側へ行ったところにあるこの角が、バス停の由来になった「角」です。

2011_0123_112126-IMG_4302
そして、この角の向こうは下り坂になっており、バスの待機場が見えます。

2011_0123_112924-IMG_43062011_0123_112547-IMG_4305
本数は多く、団地の住民がバスを利用しやすい環境が整っています。
バスの路線は、団地の端から入ってある程度団地を抜けたところで終点になる、という形をとっているので、バスの利用者も多く、青峰団地を抜けて九州道を渡る頃には乗客が10人近くになっているというのもよくある話です。
なので、私が普段利用する二の江で満員になっていることもしばしば。

2011_0123_113018-IMG_43072011_0123_113048-IMG_4309
バスが来て、角を曲がって行き、

2011_0123_113108-IMG_4310
すぐに反対方向のバスがやってきます。