2010_1226_144841-IMG_39602010_1226_142504-IMG_3956
凍えそうになりながらも大瀬でバスを乗り継ぎ、やっと着いたのが納又(のうまた)。
かんかけ峠で有名な県道70号線沿いのバス停です。かんかけ峠はすでにチェーン規制出ているそうで。
なんでかんかけ峠って「かんかけ」なんでしょう。漢字で書くと「神懸」?

2010_1226_144909-IMG_39632010_1226_144810-IMG_3958
上の大瀬で撮った写真と比べてください。同じ町内でも標高が数百メートル違えばこんなに雪が降るんです。
その雪は、写真を撮りながらデジカメの中に雪解け水が入らないか心配になるほど。
日曜の昼過ぎに納又まで登ってくる人は珍しいらしく、運転手さんに話しかけられました。
2010_1226_145000-IMG_39652010_1226_145005-IMG_3966
左が大瀬方面、右が杠葉方面です。
といっても、杠葉経由は片方面のみの運行で、納又から杠葉に行くバスはありませんので、杠葉方面は実質「バスの行かない方向」でいいかもしれません。

2010_1226_145019-IMG_39672010_1226_144942-IMG_3964
バス停の向かいには川が流れています。
こんな銀世界は私も久しぶりに見ました。

2010_1226_144855-IMG_39612010_1226_144900-IMG_3962
なんだかんだいって毎日同じ本数ですが、どうやらここから少し山を下ったところにある作業所で働く方々に合わせたダイヤのようです。
上り下りともその作業所に行く方を見かけましたし。

2010_1226_145100-IMG_3968
ちょっとバス停から上の方に登ったところには小さな商店がありましたが、日祝はお休み。

2010_1226_144830-IMG_39592010_1226_145106-IMG_3969
運転手さんが言うには、朝は雪も何もなかったのに、昼前11時頃に突然雪が降り出してこんな風になったそうです。途中の三川バス停から急激に標高が高くなるのですが、三川より手前は道路に雪は積もっておらず、ここら辺は特にひどかったみたいです。
幸いここら辺は交通量が少なく、雪も完全な氷にはなっておらず、雪がタイヤによくかみついてくれたので雪の割には運転しやすかったとも言ってました。
私は自分がバスマニアであることを告げたうえで「雪を見に来た」と言ったら、さすがにここら辺でもこんなに雪が降るのはまれだそうで、運が良いとまで言われましたw
私は15時ちょうどの便で大瀬まで降りたのですが、この県道70号線は道路で積雪が起きた際は通行止めになるんだそうで、運転手さんは次の最終便(納又16時22分発)が運行できるかどうか気にしている様子でした。

2010_1226_145827-IMG_3977
車が通らないところには私の靴がほとんど埋まるくらいの雪が積もっていました。ざっと見積もって積雪は10センチ前後くらいですかね。車道は1,2センチほどでした。
こんなにたくさんの雪を見たのは、本当に何年ぶりになるんでしょう。ここ近年久留米では積もるほどの雪が降ったことはないですし。

2010_1226_145812-IMG_39762010_1226_145746-IMG_39742010_1226_145312-IMG_3971
バスも結構雪をかぶっていました。

2010_1226_150119-IMG_3978
納又出発直後のバスの車内から撮影。